ギブアップする人たち

時間と生活のバランスが保てない

ほとんどのみんなは仕事や休日の日にジムに来る人が多いと思います。
しかし、ジムに来る優先度がそれほどに高いわけではなく、仕事終わりで疲れたからジムに行かない、休日だから家でのんびりしたい、自分の趣味に没頭したいなどでジムに来れないという方もたくさんいます。
ジムに通うことで、一人暮らしの方にはとても大変かもしれませんが風呂や料理、掃除、洗濯などの時間も取られるのですから決して楽な生活環境とは言えません。
そのためジムに行くことを諦め、ジムに行かなくなってしまう。
こういった人が多いのではないでしょうか。
何よりも疲れた1日の終わりに、さらにジムで体を疲れさせるということはみんな、拒否をしたくなるのもあるのかもしれません。

競争意識を持ちすぎて疲れた

ジムに通うといろんな人を見かけるのですが、中にはとても一般人ができないようなトレーニング方法をしているトレーナーもたくさんいます。
そういう人を見て、自分はあそこまでできない、全く別世界の人だ、と思いつつ自尊心を折られてしまう人がたくさんいるかもいません。
そのようなネガティブな思考で、もうあの人みたいになれるわけないと決めつけてジムに通うのがつまらなくなったと思う方もいるかもしれません。
ゆっくり時間をかけていけばあなたも凄まじい体、トレーニングをこなせるようになれるのですが、そのチャンスに気づかないままやめてしまうという方が多く非常に残念な結果になってしまいます。
少し競争意識を置いて仲良くなれるようにと心がけてみましょう。